ファンタスティックビースト映画感想とネタバレ

ファンタスティックビーストの映画を見てきました。

ファンタスティックビースト登場人物

イギリス出身でホグワーツ魔法学校から追放されたニュート・スキャマンダーが主人公で
ハリーポッターシリーズが始まるよりも昔の1926年のアメリカが舞台の映画です。

ハリーポッターシリーズ最新作ということで、とても期待して行ったのですが
期待していたほどは、楽しめませんでした。
もちろんハリーの世界観ならではの雰囲気は楽しめましたが。

ファンタスティックビースト 登場人物


登場人物と軽いネタバレです。

主人公 ニュートは、魔法生物学者ということもあって
ハリーポッターの映画ほど呪文を唱えて魔法を使わず、魔法生物に助けてもらったり
魔法生物学者の知識を生かした場面が多かったです。

姿くらましは、何回も使っていましたが
それ以外の魔法はオブビリエイト(忘却魔法)が何回も話に出てきましたね。

たまたま出会った人間(ノーマジ・マグル)のジェイコブス・コワルスキーに
魔法動物のことを知られてしまい、記憶を消そうとするニュートやアメリカ合衆国魔法議会の人達。
記憶をいつ消されるのか ドキドキしました。

ファンタスティックビースト感想



誰が悪い人なのか、そして映画の終わりは どうなったら終わるのか
明確なゴールが分からないが事件は大きくなっていく
というちょっともやっとする展開でしたが
子供には分かりやすい笑いや色々な魔法生物が出てくるのが面白かったようです。

ただ、ちょっと映画の巨大画面であの虫をキーポイントにしたシーンや
残虐なシーンが突如何回か起きたのが 小さな子供を連れて見るには・・・ でした。

スポンサーリンク




🎠この記事が良いと思ったら、忘れずにクリックしてね

毎日クリックしていただけると、ランキングが上がるのでモチベーションも上がります。